インナチュラルレッスン(柏・富士見・レイクタウン)

アトリエ月花のブログへお越しいただきありがとうございます。

クラフトフラワー作家の月花です。

 

今月のインナチュラルレッスンは、世界遺産「細川紙」と小川和紙を使って作る、ほうき飾りをお作りいただいています。

 

今月も、すでに柏→富士見→越谷レイクタウンとレッスンをさせていただきました。

お越しになってくださった皆様ありがとうございました。

 

柏レッスンは毎月第2日曜日でレッスンしています。なので、普段はお仕事されている方が多く来られますが、今月も平日はお仕事をしているからなかなかこういったレッスンに参加するチャンスがないとおっしゃっているお客様もいらっしゃいました。

 

でもね、こうやって、貴重なお休みの数時間をレッスンのために使ってくださること。とてもうれしいです。

 

午前中は、常連の方と新規のお客様。

常連のお客様は、ほうき飾りをお作りしてもらいましたが、さすが常連さんです。サクサクお作りいただきました。

新規のお客様も、ソラフラワーの花かんむりリースをお花1輪1輪から丁寧に作っていただき、素敵なリースが完成しました。こういうモノづくりが大好きということもあって、作業も楽しく進めることができました。

 

そして、午後のお客様は、親子でのご参加。

結婚されて家を出ている娘さんが、お母さまと妹さんを誘ってのご参加だそうで、お申し込みくださった娘さんは、申し込んでから毎日のように「楽しみ~早くいきたい」と思ってくださったようです。こういうこともお話ししていただき、本当にうれしい限りです。

お作りいただいた、ほうき飾りも素敵に完成して、何度も見返して「可愛い~」っておっしゃっていました。

 

とにかく気に入っていただけたのでよかったです。

 

そして、富士見レッスン。

こちらは、ご新規の方でした。

 

画像を見て、「可愛い~」とおっしゃってご参加いただいたお客様でした。

 

そうなんです。今回のほうき飾り可愛いんです。

というのも、いつも使っている世界遺産「細川紙」だけでなく、ピンク色の小川和紙が何気にいい雰囲気を出しているんです。

今回は春らしく、黄色のミモザとオンシジューム、ピンクのミニバラのアーティフィシャルフラワーも入れているので、とっても春っぽい印象のほうき飾りとなっています。

 

和紙で作るお花は、その人それぞれの手加減でまったく雰囲気が変わります。

バラのように見えたり、ダリアのように見えたり…でも、どれも「名もなき花」なんです。

イメージはしていてもその通りにならない。それでもこれだけの作品ができるのですから、和紙ってやっぱりすごいなって思いました。

 

ご参加の皆さま、「かわいいー」「素敵-」を連発してレッスンも終了となりました。

 

そして最後にレイクタウンレッスン。

 

こちらは本当に賑やかでした。

というのも、常連の方が、とっても楽しい方で、いつも場を和ませてくれているんです。

 

そして、最近のレイクタウンレッスンには、赤ちゃんやお子様連れの方も多く、今回も男の子を連れた方がいらっしゃいました。

 

私のレッスンでは、ハサミやワイヤーを使うので、そこの注意は必要ですが、それほど危険な作業はありません。

むしろ、お手伝いしてもらえそうな作業もあるくらいで、今回も和紙を揉む(ぐちゃぐちゃにする)作業をお手伝いしてもらいました。

 

みなさん、あーでもない。こーでもないといいながらもとっても楽しそう。

お花も綺麗に作れましたし、何よりアレンジがね素敵です。

こういうお客様の作品も後々の私の作品のヒントになるので、レッスンですが勉強させていただいています。

 

ご新規のお客様もとても素敵にお作りいただき、またソラフラワーにもご興味を持ってくださったので、今度はソラフラワーを作っていただけると嬉しいなと思います。

 

こちらの作品、この後は、海老名・小田原・富士見・湘南各店でお作りいただけますよ。

もしご興味がありましたら是非ご参加ください。

 

インナチュラルワークショップお申し込みフォーム

 

↑からお願いします。