お盆の季節に重宝するメンテナンスフリーなソラフラワー

アトリエ月花公式サイトをご覧のみなさまこんにちは

ソラフラワー作家 麻生由美子です。

 

台風一過の青空のさいたま市ですが、今日も暑くなりそうですね。

 

さて、この夏の暑い時期でもやってくるのは「お盆」

東京だと今月。それ以外の地域は来月がお盆となるのではないでしょうか?

特に、来月のお盆の時期には、帰省される方も多く、アトリエ月花では、よく「仏壇用に」とご注文をいただきます。

 

私がお作りしているソラフラワー。本場タイでは、寺院などへ行く途中、参道沿いの供物屋さんで見かけることが多いそうです。

タイでは、赤とか黄色とか緑とか、割とハッキリした色に染めて販売されているソラフラワーですが、アトリエ月花では、ソラフラワーの素材のもつ本来の自然の風合いを大事にしているため、あえて着色や脱色はいたしておりません。

だからこそ、その自然の風合いを生かすための「ナチュラル」に徹底したアレンジメントに仕上げています。どうしても色味がさみしいと感じる場合には、アーティフィシャルフラワーやリボンなどを使ってアレンジし華やかさを出しております。

 

そのサイズも、仏壇に合わせ、今風なインテリア仏壇には小さなものを、代々引き継がれているような大きな仏壇には大きなものをと、ご要望に合わせたサイズでお作りすることが可能です。

 

また、ソラフラワーはソラという植物の幹の部分から作るクラフトフラワーです。

一見生花と見間違える時もありますが、生花と違い、水替えなども必要ないことから「メンテナンスフリーのお花」として重宝されます。

 

もちろん、お花といえば「生花」が一番だということは、わたしも分かります。我が家にある仏壇にもお彼岸やお盆の時期は生花を供えます。しかし、水替えなど意外と手間がかかるものなのですよね。なので、お彼岸やお盆の時期以外は、ソラフラワーを備えています。

 

先日、IN NATURALレッスンで「先生、このアレンジ、仏壇に飾ったらおかしいですか?」と聞かれたので、「いえいえ大丈夫ですよ。我が家もソラフラワーをお供えしていますよ。」とお伝えしたら、その方は仏壇に飾りますとおっしゃっていました。

 

このように、仏花としても使える「ソラフラワー」今年のお盆は、よかったら飾ってみませんか?もちろん日常的に飾っていただくのも大丈夫です。

 

ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

 

アトリエ月花お問合せフォーム ⇒ https://www.tsukika.jp/tsukika-crast-works/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E4%BD%9C%E5%93%81%E8%B2%A9%E5%A3%B2/

 

からお問合せください。