打ち合わせと毎月のご挨拶

今日は、埼玉県日高市までお出かけしてきました。

 

小川の和紙を世界へ広める活動をされている方を訪ねて行ってきました。

 

和紙を多くの人に知ってもらいたいという思いは一緒ですが、活動している内容によってアプローチも違います。

今日は、私がなぜ「細川紙」にこだわるのかのお話しをしてきました。

 

あっという間の2時間。本当に楽しい。

和紙好きな人なら、絶対鼻血が出るほど興奮しちゃうような色とりどりの和紙。

これからの販路拡大に向けて、課題は多いと思いますが、わたしもできることは協力させていたければと思っています。

 

そして、打ち合わせを終えて、毎月のご挨拶に「高麗神社」へ…

茅の輪くぐりがありましたー♪もちろん、くぐって、半年分の厄落とし。

そして、ちょうど七夕のシーズンですからね、笹竹をいただけるようなので、笹竹と短冊をいただきました。もちろん祈祷済みですよ。

 

本殿で、いつものように名刺を置いてご挨拶。出世の神様だけあって、平日ですが、それなりに人は来ていますね。名刺もたくさん置かれていました。

 

お参りを済ませ、社務所で御朱印をいただく。

こちらの御朱印は、月替わりでお花のスタンプを押してくださいます。

 

高麗神社もとても暑かったですが、不思議と本殿の前で手を合わせたときには。背中を風が抜ける感じがして「今月もがんばれ」と言われているような気分になりました。

 

今日はもともと、高麗神社へ行こうと思っていたところへの打ち合わせの依頼でした。相手の方もとてもお忙しい方で、これを逃すとちょっと先になるかもしれなかったので、本当にタイミングが良かったです。

 

先日の和紙サミットの講演でも出ていましたが、和紙が地域活性化のツールとなるには、一番は地方公共自治体などのフットワークの軽い動きが一番大事だと思います。でも、今日お話ししていて、私がレッスンや販売で広めている「細川紙」の方法もありなんだろうなと思いました。

 

しばらく、細川紙の作品のレッスンは予定ありませんが、もしご興味がありましたら是非お問合せくださいね。